お役立ち記事 Column

Indeed原稿作成直接投稿

Indeedの無料掲載ってどうすればいいの?掲載までの流れや注意点までご紹介!

このページでわかること

  • 無料掲載で求人を公開するまでの流れ
  • 無料掲載をする際の注意点やデメリット

目次

「無料で掲載できるならスグにでも求人を出したい!」「Indeedの無料掲載は聞いたことあるけど、具体的な方法が分からない…」など、Indeedについてまだ分からないことが多い方に向けて、今回は【Indeed無料掲載の具体的な方法】をご紹介!投稿までの流れや注意点はもちろん、無料掲載でも効果を出すための方法やコツまで、初心者にも分かるようご説明していきます。

これさえ見れば大丈夫!アカウント登録~掲載までの具体的な流れ

<手順その①>アカウント登録

▼Indeedサイトの求人掲載画面にアクセス

▼ページ上部にある「求人を掲載」からアカウント作成画面へ

▼メールアドレス・パスワードを入力(SNSアカウント連携でも可能)

▼Indeed からメールが届くので、案内に沿ってアドレスを承認

▼アカウント登録完了!

<手順その②>求人情報を登録

▼募集をかけたい求人の基本情報を用意(勤務地や仕事内容、給与など)

▼「新規作成」から画面の案内に沿って求人の基本情報を入力

▼予算を入力する画面に進んだら「無料で投稿する」を選択

▼求人情報の登録完了!

<手順その③>掲載開始

▼登録した求人情報の審査が入るため待機(目安:数時間~72時間程度)

▼内容に問題がなければIndeedから通知メールが届き掲載開始 ※通知メールが届かない場合は迷惑メールフォルダをチェック

▼Indeedサイトで自社の求人が出ているか確認してみましょう!

ユーザーから見つかりにくい?無料掲載のデメリットまで理解しよう

「多くのユーザーがいるIndeedに無料で求人を掲載できる」という点は、企業からすれば言うまでもなく大きな魅力。とはいえ、無料掲載だからこその注意点もいくつかありますので、始める前にデメリットもしっかりと把握しておきましょう。 無料掲載のデメリットとして代表的なものは、「発見率が低い」という点。Indeedには無料掲載の求人だけではなく有料掲載の求人も存在しており、しっかりと運用コストをかけた分より多くのユーザーに対して優先的に表示されるようなシステムが組まれています。 一方で無料掲載は、求人数が多いうえに表示される優先度は低め。求人内容の良し悪し以前に、「そもそもユーザーに求人を見てもらえない」という本末転倒な事態にもなりかねません。無料で掲載できるとはいえ、発見率や効果としては有料の求人と比べて圧倒的に不利。その事実をしっかりと踏まえた上で、無料掲載を検討してみてください。

こんな時は無料掲載がオススメ♪

・採用期限がない(いつでも良い)
・求める人物像を特に設定していない(誰でも良い)
・とにかく一度自分で試してみたい

 

今回はIndeed無料掲載の流れと注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
「無料掲載だと成果も限定的」という事実があるとはいえ、求人案件の出し方を工夫することで一定の効果改善を図ることも可能です。また、発見率を上げるためにキーワード対策を施したり、応募率を上げるために求人内容を充実させることで、効果が改善されたという事例もたくさんあります。
ただ、日々の効果レポートを分析しながら内容の改善やブラッシュアップしていく作業は決して簡単ではございません。いわゆる「運用」をしていくには相応の知識や手間がかかりますし、期待できる効果には限界もあります。「あまり手間や時間をかけたくない」という企業様には、Indeedの代理店や運用代行サービスを扱っている専門家に相談をするのもオススメ。効果の最大化、最適化させるためには、プロの手を借りることも重要な選択肢のひとつですよ。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する