お役立ち記事 Column

ATSCMSクローリングWebマーケティング

Googleしごと検索とは?無料で求人を掲載するには?何をどうればいい?

このページでわかること

  • Googleしごと検索と他の求人メディアとの違いが分かる!
  • 採用したい企業と求職者にとってどんなメリットがあるか分かる!
  • 仕組みと上手な利用方法・手順が分かる!

目次

たとえばGoogle検索で「正社員 求人」と検索すると、上位にはリスティング広告(検索連動型広告)が表示されます。その下に一覧表のように表示されるのがGoogleしごと検索です。検索上位以外の求人情報も閲覧でき、求職者にとって非常に便利なサービスです。Googleの検索エンジンから直接求人を検索でき、キーワードと勤務地だけで検索するIndeedと違い、業種や職種、勤務地、雇用形態、社名などの希望条件で絞り込み検索ができ、現在地に近い求人の一覧を表示することができます。また、クチコミ情報が集約されているのもポイント「openwork」や「転職会議」などのサイトに投稿されたクチコミも閲覧できます。Googleしごと検索は「クローリング型」と呼ばれ、表示されている求人情報は、システムがWEB上に存在する求人情報を自動で集約したもの。つまり、AIによって集められた質の良い(とGoogleが判断した)求人が集まっているんです。

求人情報表示サービス Googleしごと検索について詳しく紹介

クローリング型であるGoogleしごと検索は、直接求人を掲載できません。そして掲載は無料です。広告費を抑えることができる反面、有料プランが存在しないため、他社よりも目立つ位置に求人を掲載することはできません。しかしこういったデメリットよりもメリットのほうが優れています。第一に、無料で求職者へアピールができること。Googleの自然検索で求人ページを上位表示させるには容易ではありませんが、Googleしごと検索なら機会は多くなります。次に、絞り込み検索ができるため、より条件にマッチした求職者を狙えます。また、地域が自動で最適化されるため、近隣に住んでいる地域の求職者を狙うことができます。採用コストを1円でも安くしたいという中小企業の方々にとって、有効活用しない手はないでしょう。

Googleしごと検索に掲載するメリットとは?

まず最初に、採用オウンドメディアで採用までつながれば、人材紹介や求人サイトに使用するコストを押さえられます。また、自由にコンテンツを際限なく追加できるため、自社の理念や社風などを発信することにより、採用のミスマッチを避けることができます。WEB検索で偶然訪れた読者にもアピールできるため、これまでにない潜在層にもアプローチが可能です。創って終わりの採用サイトと違い、新たなコンテンツを積み重ねて掲載できるため、読者を離脱させない効果もあります。一方、採用というゴールまでには長く期間がかかり、即効性に欠けるデメリットもありますし、初期費用や作成工数もかかります。リリース後も継続的にコンテンツ追加などを行う必要があるため、社内の人的リソースではまかなえない可能性も出てきます。

何をどうしたらいい?Googleしごと検索の登録・掲載方法

リクナビNEXTやタウンワークなど、一般的なの求人メディアに掲載している求人をGoogleしごと検索に掲載したい場合、ほとんどがシステム対応しているため、自動で転載されます。しかし、自社の採用サイトを読み込んでもらうためには、「構造化データ」というデータを求人詳細ページのHTMLに記載することが必要になり、ITのリテラシーが求められます。社内に理解できる社員がいない場合は、弊社などをはじめとしたWEB制作会社に依頼をする必要があります。簡単に登録手順を説明すると「採用ページを作成する」「構造化データをソースコードに埋め込む」「Googleにインデックスされるのを待つ」というステップになりますが、いずれにしても専門知識を要する手順となるため、ボタンひとつで完了するものではないのです。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する