お役立ち記事 Column

基礎知識中級者向けIndeed直接投稿運用

【Indeed_目標設定型キャンペーン】「目標応募単価」ってどんな運用方法?選ぶメリットや注意点を知った上で正しく活用!

このページでわかること

  • 「目標応募単価」の特徴と運用におけるメリット
  • 「目標応募単価」を選択する際の注意点・デメリット

目次

それぞれの目的に沿った運用をサポートしてくれる「目標設定型キャンペーン」は、2022年よりスタートしたIndeedの新機能。本機能では「バランス」「応募数最大化」「目標応募数」「目標応募単価」という4つのタイプから目標を選択することができますが、今回はその中でも応募単価の目標達成を重視した「目標応募単価タイプ」の特徴や選ぶ際のメリット・デメリットを解説していきます。

「目標応募単価タイプ」を選択すると、設定した応募単価の達成が最優先される!

目標設定型キャンペーンで目標応募単価タイプを選択することで、設定した「応募単価」の目標達成を目指してキャンペーン全体が運用されていきます。従来のキャンペーン設定にはなかった新しい運用タイプで、応募単価を最優先する形で最適な運用・調整を自動で行ってくれる点が他のタイプと比較した場合の大きな特徴です。

Indeed エントリーが有効になっている求人でしか使用できず、クローリング掲載では選択することができないという点は注意が必要ですが、直接投稿で「応募単価を重視したいけど調整が難しい…」という企業様にはオススメできる運用方法であるといえます。

設定金額によってはデメリットもあり、最適な応募単価の設定が求められる!

目標応募単価タイプを選択し運用していくにあたり、まず行う必要があるのが採用単価から逆算する許容応募単価の設定です。
ただし応募単価が低すぎる場合、キャンペーン費用を使い切れない場合もあるため、最適な応募単価に調整することが求められます。
あくまでも「応募単価を優先して運用をする」「目標を達成するために最適な運用をする」運用タイプのため、絶対に目標応募単価を達成できる確証があるわけではない点もしっかりと理解しておきましょう。

「応募最大化」と比較すると、比較的にクリック単価は抑えられる傾向もあり、表示回数単価も抑制されます。
抑制される分、応募数は安定する一方、求職者が多く競合が少ない時も、応募が急増すると言ったことございません。

今回ご紹介した目標応募単価タイプを含め、目標設定型キャンペーンを上手く活用していくことが採用成功への大きな近道となります。「自分の出している求人原稿がどのタイプに適しているのか知りたい」「応募単価をどれくらいに設定すればいいか分からない」など、疑問や不安等ありましたら、ぜひ一度弊社にご相談ください。Indeed専門の運用チームに所属するスタッフが、貴社の採用成功や更なる効果UPとなる最適な運用をご提案致します。※この記事は2023年4月時点の情報をもとに作成しております。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する