お役立ち記事 Column

基礎知識中級者向けIndeed直接投稿運用

【Indeed_目標設定型キャンペーン】「応募数最大化」ってどんな運用方法?選ぶメリットや注意点を知った上で正しく活用!

このページでわかること

  • 「応募数最大化」のメリット・デメリットが分かる
  • 「応募数最大化」にオススメの求人タイプが分かる

目次

それぞれの目的に沿った運用をサポートしてくれる「目標設定型キャンペーン」は、2022年よりスタートしたIndeedの新機能。「バランス」「応募数最大化」「目標応募数」「目標応募単価」という4つのタイプから目標を選択することができますが、今回はその中でもトータル応募数を最大化させたい企業様にオススメな「応募数最大化タイプ」の特徴や選ぶ際のメリット・デメリットを解説していきます。

「応募数最大化」のメリット・デメリットが分かる

「応募数最大化」は、その名の通り応募数が最大化される設定。バランスタイプに似ていますが、求人ごとに応募数を分散することなく、キャンペーン内の合計で応募数が最大になるように設定されます。求人間でのクリック数のバランス調整は行わないため、キャンペーンの一部の案件が人気になり応募数が集まってしまった場合、その案件にクリック・予算が集中しやすいというデメリットもあるため、他の案件の応募数が0になることももちろんございます。
一方で、バランス型よりもトータルで獲得できる応募数は多くなる傾向にあるため、使い方次第ではデメリットよりもメリットのほうが上回る可能性があります。

「応募数最大化」にオススメの求人タイプが分かる

どの求人でもいいから応募数を獲得したい場合に向いている運用設定です。
求人数が10件以内、どの求人に応募が集中しても構わない(掲載の優劣は問わない)という場合に有効的な設定です。応募数は最大化される一方でクリック単価は求職者数、求人数、競合企業によって変動して参ります。クリック単価が1000円を超えてしまうなんて事もあります。しかしながらIndeedの機械学習は、応募するターゲットに目掛けて露出を増やすためクリック単価が高騰しても応募は入る傾向にございます。当社の感覚だと10%くらいは応募が入っているようです。

いかがでしたでしょうか。応募数最大化型は、従来のバランス型に近いため、非常に使いやすい設定です。
案件を気にせず応募数をとにかく集めたい方は、ぜひお試しください。※この記事は2023年4月時点の情報をもとに作成しております。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する