お役立ち記事 Column

基礎知識中級者向けIndeed直接投稿運用

【Indeed_目標設定型キャンペーン】「バランス」ってどんな運用方法? 選ぶメリットや注意点を知った上で正しく活用!

このページでわかること

  • どんなときに使うと効果的?【バランスタイプ】の目標設定型キャンペーン。
  • バランスタイプのメリットは「人気求人への応募の偏りが少ない」こと。
  • デメリットは「不人気な求人があると応募数が最大化されないケースがある」こと。

目次

それぞれの目的に沿った運用をサポートしてくれる「目標設定型キャンペーン」は、2022年よりスタートしたIndeedの新機能。本機能では「バランス」「応募数最大化」「目標応募数」「目標応募単価」という4つのタイプから目標を選択することができますが、今回はその中でもオーソドックスで使いやすい「バランスタイプ」の特徴や選ぶ際のメリット・デメリットを解説していきます。

「どの職種の求人も、優先度は変わらない」そんなときはバランスタイプがオススメ!

「A営業所とB営業所、どちらも増員したい」「オープニング店だからホールもスタッフもゼロから採用しなければ…」
このように、キャンペーンの中に複数の求人原稿があって、採用したい職種や勤務地に優先順位をつけられないときは、設定した予算内で、どの求人原稿にも均等に且つ多くの応募数が集まるよう運用することがベストです。

欲張りなようにも見受けられますが、複数職種で採用活動を行う以上は、やはりどの原稿にもたくさんの応募者に来てほしいもの。「応募数の最大化」「目標応募数」「目標応募単価」のいずれにも特化させず、どの求人にも応募がくるように運用のバランスを調整するのが【バランスタイプ】です。
※Indeed の広報ではバランスよく応募が入るではなく、バランスよくクリックされるとなりますのでご注意ください。

【バランスタイプのメリット】人気職種にも、そうでない職種にも、均等に応募数を集められる!

キャンペーンの中で複数の求人原稿を管理していると、職種や勤務地の人気に差が出てしまうものです。そんなときでもバランスタイプで運用すれば、全ての求人原稿で均等にクリックされるように運用されます。また、一部の人気求人に応募が集中して予算が消化されるといった事態を防げることもメリットです。

このようにバランスタイプは、前述のとおり「どの職種も採用したい」というケースや、「求人数が多いので運用をシンプルにしたい」といったケースでも活用しやすい運用タイプです。

【バランスタイプのデメリット】人気職種の応募数を逃すきっかけになってしまうことも…?

どの職種にも均等に応募数の最大化を図るバランスタイプは、一見すると便利でメリットしかないように思えます。
しかし、どの求人原稿も人気職種と同じだけの応募数を集められるなら良いのですが、逆のパターンもあります。
つまり、「人気のない職種の応募数に合わせて調整されてしまったとき」です。

本来なら応募数が多かったであろう人気職種の応募数が、他職種とのバランスタイプ運用によって伸び悩むといったケースがあります。こうした場合では、より多くの予算をかけた方が採用の成功率が高まります。まずはバランスタイプで運用を開始し、応募の傾向を見ながらキャンペーンのタイプを臨機応変に変更していくのもひとつの手法といえるしょう。

採用目的や緊急度に合わせて目標設定型キャンペーンを選択するうえで、分かりやすく使い勝手の良い運用方法がこの【バランスタイプ】であり、特に掲載する求人原稿が多い場合におすすめとされています。しかし、それでも自社にはどのタイプが良いか分からないと悩む採用担当者も多くいらっしゃるはずです。
そんなときは、Indeedの知識や運用経験に長けた弊社の営業スタッフへお気軽にご相談ください。採用課題によってはバランスタイプ以外での運用が適切な場合もあるため、弊社の営業スタッフが最適な運用タイプを提案し、貴社の採用課題を解決致します。※この記事は2023年4月時点の情報をもとに作成しております。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する