お役立ち記事 Column

Indeed原稿作成直接投稿規定

【Indeed掲載基準】どこでも勤務が可能な場合に設定可能!広域エリアでの募集に関する勤務地設定ルール -広域案件-

このページでわかること

  • 「全国」「地方エリア」「都道府県」単位広域エリアで募集を実施するメリット
  • 掲載ルールがより厳密に!広域エリア募集が可能な案件とは…
  • 作成する際は要注意!広域エリア募集の表記及び掲載ルール

目次

Indeedは誰でもいつでも好きなときに掲載ができる求人メディアで非常に便利ですが、Indeedの掲載基準に違反すると、せっかく作成した求人原稿が掲載されないといったケースや、露出が減少するケースがあるので、注意が必要です。

そのひとつである「広域エリアでの募集」も掲載ルールの違反が発覚した場合、求人原稿が非表示になるため、
作成前に掲載ルールの確認をお願いします。

具体的な勤務地を設定せずに求人原稿を掲載できる「広域エリアでの募集」。

Indeedに求人広告を掲載する際、勤務地の設定は必須であり、市区町村のような地名や駅名など、できる限り具体的かつ正確な勤務地を設定する必要があります。
ただし、具体的な勤務地を設定した場合、その求人広告を閲覧できるのはその設定されたエリアで勤務地検索をした求職者のみとなります。

その一方で、勤務地のエリアに関係なく、より多くの求職者に閲覧してもらうための方法があります。
それが全国や地方エリア、都道府県で勤務地設定ができる「広域エリアでの募集」です。
有料掲載のみ適用のルールになりますが、検索結果一覧への表示回数が増加する手法となるため、
知っておいて損はないと思います。

<掲載ルールあり>全ての案件で「広域エリアの募集」ができるわけではありません

Indeed上に求人情報が正しく反映されるよう、2022年12月20日に求人掲載ポリシーが更新され、広域エリアの募集のルールが
より厳密になりました。詳細は以下の通りです。

広域エリアの募集に関しては、設定した広域(全国・地方エリア・都道府県)のどこでも勤務可能な場合のみ設定可能となります。

(例)

*オフィスへの出勤を伴わない完全在宅での勤務

*オフィス出勤を伴うが、通勤可能な場合かつ、通勤費の全額支給がある場合

以前は「海外勤務の案件を日本で募集」する際も使えましたが、
現在は「勤務先となる海外の詳細レベルの勤務地を設定し掲載(勤務国のIndeedサイトに掲載)」に。

「期間工やリゾートバイトなど日本全国で人材を募集」する案件も、
「期間工やリゾートバイトの実際の勤務地を詳細レベルで記入し掲載」というルールに変わったのでご注意ください!

広域エリアが「全国」「地方エリア」「都道府県」かによって
ルールが多少異なります。

<全国案件/地方エリア案件のルール>

*転居が発生する場合の往路移動(交通)費の支払い及び記載必須(記載できない場合は掲載不可)

*職種名に必ず実際の勤務地を記載

*有料でのみ掲載可能*実際の勤務地の求人の同時掲載も可or同案件の都道府県単位での同時掲載も可

<都道府県案件のルール>

*職種名に必ず実際の勤務地を記載

*有料でのみ掲載可能

*実際の勤務地の求人の同時掲載も可

*都道府県に政令指定都市が存在する場合、政令指定都市を勤務地とした求人の同時掲載も可

Indeedの掲載ルール(掲載基準とポリシー)は、定期的に見直しが入るため、今回ご紹介した掲載ルールも変更となる可能性が
あります。また、すべての掲載ルールを把握することは簡単ではありません。
もし疑問や不安等ありましたら、ぜひ一度弊社にご相談ください。
掲載ルールを熟知したスタッフが、貴社の求人広告が正しく掲載される運用はもちろんのこと、更なる効果UPのための運用もご提案致します。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する