お役立ち記事 Column

基礎知識Indeed求人ボックススタンバイ

【engage(エンゲージ)とは?】サービスの特徴から使い方までお教えします!

このページでわかること

  • engageの機能や導入のメリット
  • 求人作成から採用・応募管理まで一連の流れ
  • engageを活用した採用のコツ

目次

今までは転職サイトを活用する採用手法が一般的でしたが、最近では無料で求人掲載できるサービスが増えてきており、採用手法が多様化しています。「採用コストを下げたいけど、どのサービスを利用したらいいのか分からない…。」そんな方に向けて、今回は無料で使える『engage(エンゲージ)』をピックアップ!無料で利用できる機能やメリット、導入方法など、分かりやすくご紹介していきます。

すでに全国40万社が導入する『engage(エンゲージ)』

『engage(エンゲージ)』とは、エン・ジャパン株式会社が提供する採用管理システムです。求人作成・掲載から採用まで、一通りの機能がすべて無料で利用できるほか、掲載期間や求人件数に制限はなく、採用報酬費用も一切かかりません。つまり<何名採用しても、長期掲載しても、ずっと0円>で利用できるサービスです。通年採用や急な欠員募集などあらゆる場合に対応できるので、採用のチャンスを逃しません。また採用サイトも無料で作成できるほか、engageで掲載した求人を「Indeed」「Googleしごと検索」など話題の求人サービスに自動で一括掲載が可能。採用コストをかけずにengage以外からの応募も狙えます。

カンタン操作だから、どんな方でも導入できます!

求人・採用サイトともにフォーマットに沿って、写真や文字を入れていくだけで、誰でも簡単に作成できます。「何を書いたらいいのか分からない…」そんな方でも、求人専門のコピーライターが考案した職種別テンプレートを参考にして、効果のポイントを押さえた求人票が最短15分で完成。また自社採用サイトも豊富なテンプレートがあるので、専門知識がなくてもプロがデザインしたようなページに仕上がります。応募管理については「応募確認ページ」上で応募状況から対応状況、応募者のプロフィールなどすべて確認できるので管理がしやすく、面接日時の設定など応募者とのやりとりはチャット形式で行えるから面接設定もスムーズです。

応募数を上げるための、4つの無料サービス・機能

【1】他の求人サービスへの自動掲載機能
engageに掲載した求人は「Indeed」「Google しごと検索」などの検索エンジンと連携できるほか、「スタンバイ」「求人ボックス」といった注目の求人サービスに自動で一括掲載できます。engage内に留まらず求人の露出度を上げることが可能です。

【2】リンク・バナー機能
会社HPやブログなどにengageの求人情報や採用サイトに飛ぶためのリンクやバナーを貼ることができます。会社HPを訪れた求職者に効果的に採用情報を届けることができ、流入数アップが期待できます。

【3】SNS連携・シェア機能
自社のSNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)とengageの採用サイトを連携することができます。SNSで積極的にシェアすれば、採用サイト・求人のアクセス数のアップに繋がります。

【4】スカウトメール送信機能
同社が運営する転職サイト『エン転職』の会員にDMを送れる機能です。スカウト機能を利用することで、自社とのマッチ度が高い人材へ直接アプローチすることができます。

いかがでしたでしょうか。カンタン操作で、管理もスムーズな『engage』。無料で利用できるサービスの幅は広く、求人の集客もいろんなアプローチができるので、応募率のアップに繋がります。「採用の手間を減らしたい」「コストを下げたい」そんな方は検討してみてはいかがでしょうか。※この記事は2023年4月時点の情報をもとに作成しております。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する