お役立ち記事 Column

未分類

【オウンドメディア採用とは?】 聞いたことはあるけど、どのような採用手法なのか? ここで詳しく紹介します。”

このページでわかること

  • 採用活動を成功させるための新しい武器が理解できる!
  • 最近の求職者の動向や求めていることが分かる!
  • 採用オウンドメディアを成功させるコツが手に入る!

目次

「オウンドメディアリクルーティング」という言葉を聞いたことはないでしょうか。WEBで何でも情報を得られるようになった昨今、採用手法として大きな注目を集め、業界問わず、多くの会社が取り組んでいます。今回は採用に特化した「採用オウンドメディア」について、理解できるようにご紹介します。

よくある採用サイトと採用オウンドメディアは何が違う?

オウンドメディアを直訳すると「自社で保有するメディア」。ホームページやブログ、SNSアカウントなどのメディアが該当します。つまり結論から述べると、自社で作成した採用サイトも「オウンドメディア」のひとつなのです。採用サイトと採用オウンドメディアの大きな違いは、更新頻度です。読者の反応を見ながらコンテンツを増やすことにより、自社の魅力を最大限アピールできます。情報収集が比較的容易な昨今、求職者は「更新されないメディア」に魅力を感じません。また、求職者の価値観も多様化&変化しており、「自分に合った会社はないか」と、これまで自社が求めていなかった人物像もWEB上で訪問する機会が増えています。こうした多様な求職者にアプローチできるため、近年注目を集めるようになっています。

オウンドメディア採用を取り入れるメリット・デメリット

まず最初に、採用オウンドメディアで採用までつながれば、人材紹介や求人サイトに使用するコストを押さえられます。また、自由にコンテンツを際限なく追加できるため、自社の理念や社風などを発信することにより、採用のミスマッチを避けることができます。WEB検索で偶然訪れた読者にもアピールできるため、これまでにない潜在層にもアプローチが可能です。創って終わりの採用サイトと違い、新たなコンテンツを積み重ねて掲載できるため、読者を離脱させない効果もあります。一方、採用というゴールまでには長く期間がかかり、即効性に欠けるデメリットもありますし、初期費用や作成工数もかかります。リリース後も継続的にコンテンツ追加などを行う必要があるため、社内の人的リソースではまかなえない可能性も出てきます。

取り入れた際に失敗しない運用のポイント

まず第一に採用ターゲットを明確化させること。誰に見てもらいたいのか、知識・経験や志向性・興味などを明らかにすることで、コンテンツの内容も明確になります。そして経営理念が策定されていない場合は、社内で自社らしさにつながる言葉を作り出す必要があります。ミッション(企業が果たすべき使命
)、ビジョン(企業が実現したい未来)、バリュー(企業が持つ社会的な価値)という手法で経営理念の要素を形成させましょう。最後に、運用を続けなければ、採用サイトと同じ結果につながってしまいます。社内で更新・追加を行う場合、運用の仕組みを確立させることが大切です。社内のマーケティングの知識がある人材に協力を仰ぎ、粘り強く情報を発信し続けることが運用のポイントです。

 

いかがでしたでしょうか。移り変わる求職者の価値観・企業選びにおいて今後のスタンダードになるであろう、採用オウンドメディア。早いうちから検討しておいたほうが良いかも知れません。※この記事は2023年1月時点の情報をもとに作成しております。

「もっと知りたい」「相談したい」…そんな時は!

専任チームへご相談ください!

あなたの地域を担当する専任チームが、採用に関するお悩みや疑問にお応えします!まずはお気軽にお問い合わせください。

専任チームに相談する