効果事例 Best practice

九州・沖縄 Indeed 6~49名

Indeed(インディード)の効果事例【鹿児島県/鹿児島市/アパレル販売/母集団形成】

採用成功ポイント

  • 直接投稿における検索軸の工夫

課題
媒体に掲載しても応募が獲得できない。
エリア柄、媒体のユーザーも少なく、
掲載情報が発見されにくい状況が続いていた。

掲載プラン

媒体   :Indeed(インディード)
オプション:カンパニーページの作成
掲載期間 :4週間×2回
料金   :144,000円(1回目)180,000円(2回目)

打ち手

①給与の見せ方
競合他社と比較をした際に、給与が低い水準であった。
下限は変えず上限を他社求人に負けない水準まで引き上げ、

検索時に給与を高く設定しているユーザーにも原稿が表示されるようにした。

②職種タイトルの工夫
ターゲット層である20~30代の主婦層は、自宅近くで勤務を希望している方や、
家庭があるため転勤は難しい方が多いと仮定し、職種タイトルを以下のように工夫した。
・アパレル販売/地域限定採用
・アパレル販売/転勤なし/正社員

結果

応募総数    :1回目/3件、2回目/14件
応募単価    :1回目/48,000円、2回目/12,850円
採用数     :1回目/1名、2回目/2名

子育て中の主婦の方を採用。
アパレル業界を志望していたものの転勤などを懸念し、
応募をためらっていたとのこと。
職種タイトルに「地域限定社員」と記載があったことで
安心して応募することができたそうです。

最後に

オウンドメディアは、企業やブランドの価値を伝える強力なツールであり、企業の魅力や特徴、働く環境などを採用候補者にわかりやすく伝えることで採用活動においてもその効果を発揮します。
さらに、オウンドメディアは採用活動の結果を評価しやすいメディアでもあります。
自社で訪問者数やコンテンツの反応、応募数などのデータを分析することで、採用活動の成果を客観的に評価することができます。
これにより、効果的な戦略の見直しや改善が可能となります。
効果的な情報発信、ターゲットへのリーチ、結果の評価を行いながら、魅力的なオウンドメディアを構築しましょう。