効果事例 Best practice

近畿 Indeed直接投稿 100名以上

Indeed(インディード)の効果事例【直接投稿/京都府/京都市/食肉解体作業員/企業規模:100名以上】

課題
食用肉のと畜解体を行う作業員募集で、応募は週2,3件と比較的順調に獲得できている状態でした。
しかし、職場見学・面接の段階で「思っていた仕事内容と違った」と辞退されてしまうことが続いていました。

ご掲載プラン

媒体名: Indeed-直接投稿
掲載期間: 8週間
ご料金: ¥300,000

打ち手

職種名とキャッチコピー・原稿内容の見直しを実施しました。
「と畜解体」とストレートに表記することで、表示回数や応募率に影響するのではと考え、職種名は「軽作業」、原稿内容も「食肉加工業務」といった表現を使用していました。
しかし、そういった業務内容を若干ぼかした表現をすることによって、クリックや応募は獲得できるもののアンマッチを起こしていると考えました。
そのため、お客様とも相談したうえで職種名を「食肉解体作業員」に変更、キャッチコピーにも具体的な職種内容を簡潔に記載し。併せて、原稿内の仕事内容欄に「と畜解体業務」とはっきり記載することで、業務内容を理解したうえでクリック、応募してもらえるようにしました。

結果

内容変更前) 応募5件に対して採用0
内容変更後) 応募3件で2名採用

応募は若干減少したものの、採用率がアップ。
上記で採用できた2名に関しては、職場見学時に仕事内容をしっかりと理解していただいており、
応募者のミスマッチが解消されました。

最後に

オウンドメディアは、企業やブランドの価値を伝える強力なツールであり、企業の魅力や特徴、働く環境などを採用候補者にわかりやすく伝えることで採用活動においてもその効果を発揮します。
さらに、オウンドメディアは採用活動の結果を評価しやすいメディアでもあります。
自社で訪問者数やコンテンツの反応、応募数などのデータを分析することで、採用活動の成果を客観的に評価することができます。
これにより、効果的な戦略の見直しや改善が可能となります。
効果的な情報発信、ターゲットへのリーチ、結果の評価を行いながら、魅力的なオウンドメディアを構築しましょう。