効果事例 Best practice

関東 Indeed 100名以上

Indeed(インディード)の効果事例【採用ボード/東京都//ゲームセンター店舗スタッフ/企業規模:100名以上】

課題
人材不足の店舗に人が集まらず、
運用を工夫するものの応募数は減少。

ご掲載プラン

媒体名: Indeed-直接投稿
掲載期間: 4週間
ご料金: ¥180,000

打ち手

今までは採用難易度の高い店舗(予算が必要な店舗)に予算を寄せて運用。
今まで応募の多かった店舗に予算が配分されにくくなり、
全体の応募数も大きく減少することに。

そこで、運用予算の配分を撤廃。
緊急度の高い店舗のみを募集していたが、
運営している全店舗での募集に変更。
応募者の希望によっては近隣の店舗でも働けるようにメリット出しを行いました。

結果

応募数:80名
応募単価:2392円

・前月
応募数:54名
応募単価:3433円

・前々月
応募数:28名
応募単価:11077円

応募者の質:6割以上が類似業界経験者。(過去はほとんど経験者無し)

indeedにてキャンペーン分け(運用グループ分け)を行い、
予算配分をすることが多い中、
あえてキャンペーン分けを無くしたことが功を奏した事例となります。

最後に

オウンドメディアは、企業やブランドの価値を伝える強力なツールであり、企業の魅力や特徴、働く環境などを採用候補者にわかりやすく伝えることで採用活動においてもその効果を発揮します。
さらに、オウンドメディアは採用活動の結果を評価しやすいメディアでもあります。
自社で訪問者数やコンテンツの反応、応募数などのデータを分析することで、採用活動の成果を客観的に評価することができます。
これにより、効果的な戦略の見直しや改善が可能となります。
効果的な情報発信、ターゲットへのリーチ、結果の評価を行いながら、魅力的なオウンドメディアを構築しましょう。